タイ移住で日本非居住者に

タイ移住
タイ移住

タイに移住して、日本の非居住者となる方が増えています。

タイでノマド生活を送る方

タイで仮想通貨・暗号資産の投資を行いたい方

ご家族での移住でタイでインターナショナルスクールへの入学を

では、皆様どのような問題をお持ちなのでしょう?

日本の非居住者になるには

海外転出届

海外に渡航する日が決まったら、転出する日の約14日前から居住する市役所に海外転出届けを提出します。

海外転出届を提出すると

・住民税がかからなくなります。
・国民保険も脱退となります。(任意継続はできます)
・住民表の取得ができなくなります。

海外転出の認定には自治体の判定基準がありますので、確認が必要です。

海外在留届

タイに3ヶ月以上滞在する場合、日本大使館に在留届を提出します。

タックスペイヤーIDの取得

タイでの納税を希望する場合は、タイの税務署に納税するためのタックスペイヤーIDを取得します。

サイト特典 タックスペイヤーID取得サービス
ご入会者プレゼント

日本の非居住者となり、タイに移住してタイの納税者となることをご希望の仮想通貨投資家様も増えています。
当サイトではサイト特典として、ご入会者様にタイでのタックスペイヤーIDと日本大使館での在留届のサポートを無料で提供しております。

*商品券プレゼント+ラゲージタグと上記サービスのどちらかを選択いただけます。 

タイ長期滞在コンサルタント
タイ長期滞在コンサルタント

小学校・中学校

タイで教育には、3つのパターンがあります。

・現地の学校に通いタイ語での教育を受ける
・日本人学校で日本と同じ教育を受ける
・インターナショナルスクールで英語教育を受ける

日本人学校

タイの私立学校法に基づく私立学校ですが、日本の文部科学省から日本の小中学校と同等の課程を有する旨の認定を受けた在外教育施設であり、日本の文部省が定める学習指導要領に基づき、日本の教員資格を持った教育を行っているようです。

インターナショナルスクール

評価の高いインターナショナルスクールも多数あります。

ケンブリッジ大学や、オックスフォード大学に進学する優秀な生徒も卒業しているようです。

移住するためのビザ

タイに移住するためはビザが必要になりますが、就労するためのBビザを繰り返し取得する場合を除くとなかなか取得しにくいのが現状です。

就労ビザ

タイの会社で働く場合に取得するビザです。

日本の会社に勤務し出張・転勤でタイに行く場合、タイの会社に現地採用で勤める場合で申請書類が異なります。

シングルビザで3ヶ月期限、滞在許可90日が多いようです。

観光ビザ

タイ国内で一回、30日の滞在延長ができ、最長90日の滞在ができます。

観光ビザの繰り返しの申請での長期滞在は難しく、申請を却下される例も多いようです。

シングルビザで3ヶ月期限、滞在許可60日が多いようです。

リタイアメントビザ

50歳以上の退職者対象のビザです。

シングルビザで3ヶ月期限、滞在許可90日が多いようです。

申請時に3ヶ月間タイ国内の銀行に80万バーツ以上預金している証明書の添付か、月額6万5千バーツ以上の年金振込証明書のどちらかが必要になります。

タイランドエリートビザ

タイの法律で外国人の長期滞在と特別な入出国待遇などを実現するために認められた特別なビザです。

5年間のマルチプルビザで、何度でもn入出国が可能。
毎回入国のたびに1年間の滞在が可能(延長も可能)
メンバー期間に応じて最長4回需給で20年の滞在が可能になります。

タイランドエリートビザの詳細

タイランドエリートのお問い合わせ

入会のお問い合わせは日本語でご対応いたします。
フリーダイヤル:0120-859-777
海外から:+81-503-521-0296 または +81-222-909-939
までお気軽にどうぞ

お問い合わせメールフォーム